民謡の演奏・東京音頭の踊りあり

2019.04.17
支部活動

上井草・今川支部 練馬支部


1月26日(土)2時から4時まで、新春の集いを今川2丁目のすだちの里ホールで行いました。58名の参加者で、会場は満員です。
乾杯のあと、尺八・三味線の生演奏で民謡が披露され、東京音頭で踊りも出ました。
今人気の俳句では、上診俳句サークルから作品「駅下りて一里一尺雪の道」など6句の発表と朗読がありました。
職員紹介・サークル紹介など企画が続々続きます。お寿司・サンドイッチ・お汁粉・甘酒・白菜漬け・ナマス・唐揚げなど盛りだくさんの食べ物に舌鼓を打ちます。新入組合員の方が「戦争をくぐりぬけ、苦労したけど杉並で生きて、この集いに参加してよかった」のお話に大きな拍手がわきました。
うたごえの会の生演奏で楽しい歌をうたいお開きとなりました。