ゆりかご保育園ハト組さんと楽しく交流食事会

2019.01.30
支部活動

松ノ木梅里支部 成田東西支部

 11月22日、毎年恒例の「ゆりかご保育園ハト組さんとの交流食事会」が行われました。
12時少し前に14名の元気な園児たちが先生とともに、せいきょう診療所の3階ホールにやってきました。
待っていたのは、朝から「から揚げ、炊き込みご飯、おでん、大根サラダ、さつまいもの大学芋と塩味ステイック、フルーツポンチ」を作って奮闘していた、ふれあい食事会の組合員さんたち。
園児たちは「こんにちは!」のあいさつに始まり、手品や歌やダンスを披露。そのかわいさと元気さに組合員さんも拍手と大声援。
組合員さんもお手玉やあやとりを披露し楽しく交流。その後の食事は、自分で食べられる量をとります。から揚げ山盛りの子、おでんを最後までおかわりする子…。組合員さんたちとおしゃべりしながら、みんなよく食べました。
核家族化がすすみ、ひとり暮らしの組合員さんも増えています。1年に1度の孫のような子どもたちとふれあい元気をもらいます。

(古山)